罰金は基本的にない

風俗で働く際によく耳にするものに、「罰金」というペナルティというものがあります。
キャバクラやクラブなどでは同伴ノルマや指名ノルマなど、ありとあらゆるペナルティが存在してくるのですが、風俗店では実際に「罰金」が発生するケースというものが存在してくるのでしょうか。
正直なところ、風俗嬢に科される「罰金」というのは、基本的には存在してこないということになります。
全国にはありとあらゆる風俗店が存在してきますが、100パーセントに近い確立で「罰金」を風俗嬢に科すというお店は存在してこないといっていいでしょう。
ですので、基本的に罰金というのは存在しないという話になるのです。
ネットなどで風俗嬢に科される「罰金」の記事をたまに見かけますが、「罰金」は風俗業界ではよくあるという趣旨ならばそれは10年前の話なのです。

口コミサイトなどに載せられてある上位のお店などでは、95パーセントくらいの割合で「罰金」は存在しないと思って何の問題もありません。
本当にそれくらい聞かないのが女性に科す「罰金」なので、「罰金」があるお店は本当に少数と思ってまず間違いないのです。
では、残りの5パーセントのお店とはどういったお店になるのか気になるところだと思われます。
女性が「罰金」を科せられるという状況は、当たり前のことなのですが「お店」もしくは「お客様」に迷惑や害を与える場合のみ「罰金」を請求されるのです。
これはあくまでも風俗店によりますが、連続で無断欠勤や当日欠勤、それから遅刻によって予約したお客様に何度も迷惑をかけている場合は、仕方なくという意味合いで働く女性に「罰金」を科す場合もあるかもしれません。
これは、女性の身勝手によりお店に連続して損害が発生している場合にとられる措置という意味なのです。
普通は連続で無断欠勤や当日欠勤、遅刻を繰り返して改善が見られない女性の場合は、解雇という対応を取るのが当たり前になります。
ですが、風俗店で働く女性の仕入れというのはお店側にとって一番困難なことでありますので、多少のことでいちいち解雇にしていたら働く女性がゼロになってしまいます。
そういったことを避けるためにも、お店側は働く女性には気を使いつつ、アメとムチを上手く使いこなさなければならないということなのです。

後、風俗店の掛け持ちということも「罰金」の対象になるかもしれません。
デリヘルと別のデリヘルを掛け持ちしていて、それがお店にバレて「罰金」を請求されたという話は実際にも存在しているのです。
長年、風俗業界で働いている人からすれば多少の疑いは生じてしまう話でもあるでしょう。
ですが、こういった悪徳まがいのお店も決してゼロとはいえません。
そもそも、そういった理由でお店に「罰金」を請求されても払う義務は一切ないのです。